人を知るSTAFF

映像編集(ドラマ担当)

2007年入社 芸術学部卒

社会派ドラマからコミカルなドラマまで、TBSを中心に幅広く編集業務を担当しています。 「逃げるは恥だが役に立つ」の編集に携わった時に、業界内でも高く評価され賞を受賞しました。

重要な仕事を任されていると実感!

ドラマ編集の仕事には、テレビドラマ本編の他にPRスポットの編集や、フィニッシングと言われるCGの入れ込みや映像の色調整等、担当番組により様々な仕事があります。 ドラマはノンリニア編集といって、パソコンの編集ソフトを使用して作業を行っています。
専門的な技術や知識が必要な時や勤務時間が不規則な事など、新人の頃は環境に慣れるだけでも大変かもしれません。
でも、自分が編集に関わった番組を実際にテレビの放送で見たり、見た人から「おもしろかったよ。」などと声を掛けてもらったりすると、とても貴重な仕事を任されているのだと感じます。

先輩社員のQ&A

仕事をする上で心がけていることは?
指示通りにただ映像を繋ぐだけでなく、どうすればより良い作品になるかを自分なりに考え編集に反映させたり、監督やプロデューサーに提案したり、ひとつひとつの素材と向き合うことです。
専門的な知識は必要ですか?
私は入社後に全てを一から勉強し、実務を行いながら知識を身に付けていきました。
入社して楽しかったこと
担当した番組で初めてエンドクレジットに自分の名前が載った時には、テレビの仕事をしているんだと、改めて実感し家族も放送を見てとても喜んでくれました。
入社して大変だったこと
編集という仕事は想像していた以上に“接客業”のような側面を持っていて、技術だけでなくコミュニケーション力も大事な要素のひとつです。
入社を決めた理由は?
とにかく自分がやりたい仕事に携われる会社、それに尽きます。
どのような後輩がほしいですか?
テレビが好きであることが一番だと思います。何事にも前向きに挑戦してくれる後輩には、どんどん仕事を教えて成長して欲しいと思います。
テレビの仕事の楽しさを、一言で?
自分の編集した番組がテレビを通して日本中に届き、見たひとの心を動かすことができるところ。

アドバイス

自分の好きなことを仕事として生活できる事は、実はとても恵まれたことで、もし就職して大変な事や壁にぶつかった時でも、その気持ちだけは大事にして欲しいなと思います。 編集は必ずしも正解がひとつではないからこそ、自分なりの表現を模索し、楽しみながらずっと続けていける仕事なのではないでしょうか?

ある日の1日のスケジュール

あるドラマ本編編集
編集作業が無いとき
10:00
出社。前日の撮影素材の取り込み作業。
12:00
出社。編集準備
12:00
昼食
13:00
監督、記録さん立ち合いで本編編集開始
13:00
昼食
13:00
14:00
メンテナンス、新人研修や自身のトレーニング。
18:00
18:00
勤務終了
19:00
夕食
20:00
編集再開
20:00
夕食
24:00
勤務終了
24:00
勤務終了