人を知るSTAFF

ステーション技術(回線担当)

2017年入社
情報ネットワーク工学科卒

TBSへ送られてくる映像素材を本社(回線部)で受けて、報道担当やスタジオサブなどの局内各所に分配しています。天候や地形など状況から考慮して、伝送方法を使い分けてオペレーションします。他にも素材の監視や、設備の保守を担当しています。

日本各地や海外とTBSを繋ぐ!

私が所属する『回線部』は、テレビ放送の入り口とも言える部署で、日本各地や海外とTBSを電波やIP回線を駆使して繋ぎます。
生の映像や取材された映像・音声素材を受け入れると同時に、素材を必要とするスタジオや編集室など局内各所と繋いで分配する、関所のような一役も担っている重要なポジションです。
現場から伝送されてくる素材を常に監視し、映像の乱れなど異常に対応できる素早い判断能力と幅広い知識、フットワークの良さが求められます。
世の中で起きている事にリアルタイムで関わる事が出来る業務は、緊張感もやりがいも大きな仕事です。

先輩社員のQ&A

自分の仕事のやりがいは?
世の中の動きを、リアルタイムに感じる事が出来ることです。在京各局が一斉に生中継をするようなタイムリーな会見の伝送を、自分の手で行えるという場面を体験したときは、緊張感とわくわくした気持ちで一杯でした。
仕事をする上で心がけていることは?
ちょっとしたミスや勘違いが放送事故に直結する可能性が有ります。上手に緊張感を持ち続ける必要があり、 回線部では「石橋をたたいて渡る」ような精神がとても大事です。
入社して大変だったこと
覚えることが多いこと、覚えたことを状況に応じてアウトプットする必要があり、それを常に評価されていることです。
仕事での失敗談
OA中の伝送を切断してしまいそうになりましたが、先輩が止めてくれたおかげで事故には至りませんでした。
残業時間は?
平均して、一日1~2時間ほどです。
入社を決めた理由は?
やりたいことができることと、見学時の職場や先輩方の雰囲気で決めました。
テレビの仕事の楽しさを、一言で?
新しいことに、常に触れる事が出来る!

アドバイス

視聴する方々が減っている時代にテレビ業界を目指す皆さんは、きっとテレビに何か思い入れが有るのではないでしょうか? その人の能力や持っている知識も仕事の上では重要な要素となりますが、それ以上にテレビに対する熱い気持ちを持っている事が大事だと思います。 熱い気持ちは先輩社員に響き沢山の仲間達にも共感を呼び、コミュニケーションが活性化されていく中で重宝され、仕事も有利に運ぶと思います。

ある日の1日のスケジュール

通常の1日
泊まりの1日
9:30
出社。メールや引き継ぎ事項の確認
9:55
全体引き継ぎ、オペレーション勤務開始
12:00
昼食休憩
13:00
業務再開
18:00
夜勤帯に引き継ぎ、勤務終了。
19:20
出社。メールや引き継ぎ事項の確認
19:55
全体引き継ぎ、オペレーション勤務開始
1:00
仮眠待機
5:00
起床、オペレーション再開
11:00
日勤帯へ引き継ぎ、勤務終了。