人を知るSTAFF

ビデオエンジニア(スポーツ担当)

2016年入社 文理学部卒

スポーツニュースで放送するプロ野球・Jリーグなど試合の撮影や、「スーパーサッカー」「炎の体育会TV」などスポーツ番組で、撮影クルーを担当しています。

最高の瞬間、歴史的瞬間を伝えたい!

試合の撮影、選手のインタビューや密着取材など、プロアマ問わずスポーツに関わる様々な取材で技術を担当しています。現在はVE(ビデオエンジニア)として音声や照明、カメラマンのサポートを主に行なっています。
憧れだった選手の取材に行った時には、この仕事をしていて良かったと思うと同時に、次はカメラマンとして憧れの選手を撮影したいと思いました。
取材を通して選手の努力や力強いプレーを身近に見る事や、競技に対する熱い想いを聞く事でスポーツの魅力を更に感じています。
最高の瞬間や歴史的瞬間に立ち会い、多くの人に伝える事が出来る仕事です。

先輩社員のQ&A

仕事をする上で心がけていることは?
どんなときも元気に笑顔で仕事すること。現場が良い雰囲気の方が、より良いものが撮れるのではないかと思っています。
今後目指すこと、やりたいこと(目標や野望)
2020年東京オリンピック・パラリンピックで、カメラマンとして選手の笑顔を撮ること。
仕事での失敗談
田中将大選手にピンマイクを付ける時には、とても緊張しました。 手が震えて、普段の5倍くらいマイクを付けるのに時間がかかりました。
休日の、過ごし方は?
テレビ業界は休みが少ないと思われがちですが、意外と休みがあります。夏は海方面の旅行に3回行き、冬もセブ島へ遊びに行きました。
学生から社会人になり変わったことは?
どこでも寝る事が出来るようになりました。
就活中に、会社選びの基準としていたことは?
スポーツに関わる仕事ができるかどうか。働いている人の雰囲気が良いかどうか。福利厚生が、しっかりしているかどうか。
テレビの仕事の楽しさを、一言で?
青春

アドバイス

毎日違う現場に行って多くの方々から色々な刺激をもらい、学べる事が職場の魅力だと思います。スポーツの素晴らしさを常に感じ、最高の瞬間・歴史的瞬間に立ち会い、その事を多くの人に伝えることが出来る仕事です。普通では経験出来ない事を、この仕事を通じて沢山会得する事が出来ます。 撮影に関する知識が無かったので、最初は先輩方の会話が理解できない事だらけでした。現場に出て経験を積む中で少しずつ理解出来る様になり、出来なかった事が出来るようになっていく今が、楽しいです。

ある日の1日のスケジュール

巨人×阪神戦で 東京ドーム取材にて
名古屋にて密着取材
8:00
出社。機材準備
9:00
選手の密着取材のため新幹線で名古屋へ出発
11:00
名古屋で昼食
12:00
出社。機材準備
12:30
取材現場へ移動
13:00
東京ドームへ出発(移動中の車内で取材の打ち合わせ)
13:30
現場セッティング
13:30
練習風景を撮影
14:00
試合前練習を撮影
16:00
ご飯、休憩。時間がある時は外に出て食事、時間が無いときはドーム内で食事
16:00
練習終了。移動中も取材
17:00
試合に備えて準備
17:00
選手の自宅で家族を交えインタビュー
18:00
試合開始
18:00
取材終了
19:00
新幹線で帰京
21:00
試合終了 選手のインタビューなど
21:00
帰社、機材撤収
21:30
取材終了
21:30
勤務終了
22:00
帰社、機材撤収
22:30
勤務終了