人を知るSTAFF

ステーション技術(送出担当)

2015年入社 情報ネットワーク工学科卒

TVマスター(送出)は、放送局の心臓部のような部署で、番組の本編やCM、放送時間を組み立てています。TBSの番組を安定して視聴者の皆さんへ届けるため、設備の保守や更新も行います。

放送に直結するため確認作業が重要!

テレビ放送は、生放送番組や収録番組、CM、提供など、様々な素材から成り立っています。
マスター(送出)では、予め決められた放送運行表に従って素材を組み立て、各家庭へ放送を送り届ける役割を担っています。
仕事内容を大きく3つに分けると、正しく放送されているかの「監視」、突発的な事件・事故、スポーツ番組の延長などの「緊急対応」、安定した放送を行う為の「設備保守」になります。
マスターでのオペレーションは、オンエアに直結するため確認作業がとても重要なことから、仕事中だけでなく実生活でも、必要以上に確認を行う性格になりました。

先輩社員のQ&A

自分の仕事のやりがいは?
一挙手一投足が、関東ローカル及びJNN系列局に影響を与える緊張感。
仕事をする上で心がけていることは?
行動を行なう前に、常に確認することを心がけています。
入社して大変だったこと
設備の系統や操作、運用などを覚えること。
1か月の残業時間は?
通常は0~20時間程度ですが、オリンピックなど大きなイベントの時は50時間程度まで行くこともあります。
学生から社会人になり変わったことは?
物事を後回しにせずに、早め早めの行動を取るようになりました。
入社を決めた理由は?
学校で学んだ知識が活かせそうな業界(ネットワーク系)を基準としていて、テレビ局の技術インフラに興味を持ったから。
テレビの仕事の楽しさを、一言で?
与える影響の大きさ

アドバイス

マスター(送出)での仕事は、設備的な事から運用的な事まで幅広い知識が必要になります。新人教育制度がしっかりしている為、入社時に特別な知識が無くても問題ありません。 人間関係がとても良好で、お互いを助け合いながら日々の安定運行を実現しています。 TBSで働く人だけでなく、他のキー局やJNN系列局など多くの人たちと一緒に仕事したり、交流したりする事も出来る部署です。

ある日の1日のスケジュール

通常の1日
泊まりの1日
10:00
出社。設備保守
12:00
昼食
13:00
担務
15:00
打ち合わせ
18:00
勤務終了
21:00
出社。引継ぎ
22:00
監視や確認作業
6:00
仮眠
10:00
勤務終了