人を知るSTAFF

スタジオ技術(音声ミキサー担当)

2012年入社 音楽学部卒

スタジオで収録・放送する番組の音声を担当しています。
音1つで番組全体の見え方も変わるため、技術の面からも「演出」できるこの仕事はとてもやりがいを感じます。
また、演者さんとの距離が近いのも音声ならではの魅力です。

音で演出!常に新鮮で刺激ある職場!

主にTBSのスタジオで収録・放送する番組の音声を担当しています。 音声スタッフの仕事は、演者の方にマイクをつけたり楽器にマイクをたてる等、音を集音するためのセッティングを行い、その音を音声卓にて細かい調整をしながら全体のバランスを整えるといったものです。
音は目で見えないため、とても難しく繊細な調整が重要になりますが、その音1つで番組全体の見え方も変わってきます。技術の面から「演出」できるこの仕事に、とてもやりがいを感じます。
また、今までテレビで見ていた演者さんとの距離が近いというのも音声ならではの魅力だと思います。緊張もありますが、それ以上に毎日刺激を感じる貴重な仕事です。

先輩社員のQ&A

入社して楽しかったことは?
毎日の業務内容(番組)が違うため、常に新鮮な気持ちで仕事ができます。
特にバラエティ番組の収録などでは、必ずといって良いほど笑いながら仕事しています。
入社して大変だったことは?
様々な要望に対応する力が必要な事です。
以前も「インコの喋り声を収録してください!」、「換気扇のモーター音にこだわりがあるんです!」等の相談をされました。
これらの要望をいかに実現させるか考え、提案する事も音声にとって大事な仕事です。
仕事をする上で心掛けていることは?
何事も客観的に見たり、聞いたりするように心がけています。
1つの音を集中して聞いてしまうと全体のバランスが崩れてしまいます。
また映像や照明など、他のセクションとのチームワークも重要になるため、自己中心的にならないことが大事だと思います。
この会社を、ずばり!一言で
多種多様。
休日の過ごし方は?
友人と遊んだり飲みに行ったりと、あまり学生時代と変わっていません。暇さえあれば旅行に行っています。
どんな後輩と働きたいですか?
テレビが好きだ!という方。

アドバイス

今現在、知識があるか無いかは正直あまり関係無いと思います。
入社してから学べば良い事も多いので、ぜひ時間があるうちに様々なコンテンツを見たり触れたり、知らない場所に旅してみたりと、今しかできない経験を積んで下さい。
きっとその経験や発想力が多ければ多いほど仕事につながり、楽しみも増えると思います。

ある日の1日のスケジュール

通常の1日
(ひるおび・グッとラックCM収録の日)
特番等勤務(レコード大賞 本番日)
9:00
出社 /「ひるおび」番組内容確認の全体打ち合わせ
10:00
新国立劇場に現地集合
前日まで行っていたリハーサルの注意事項を再度確認
10:25
「ひるおび」生放送OA
10:30
各所との回線チェック
11:00
本番同様のリハーサル(ランスルー)
13:55
昼休憩
14:30
「グッとラック」用CM収録
16:00
デスクにてメールチェック・機材保守作業
16:00
休憩 ・本番に向けての最終確認
17:00
勤務終了
17:30
生放送OA(約5時間半の長丁場)
22:00
撤収作業
1:30
勤務終了