放送技術管理部

放送技術管理部は、TBSの放送運行と映像資産の管理を担っています。

放送運行(ステーション担当)

放送運行はTBSの放送実施、送出、回線の各部で番組が正確に放送されるよう作業を行っています。

放送実施

放送は、収録された番組、CM、生放送のスタジオ、提供のテロップ、CM前の短い音楽など多くの映像と音声を組み合わせて出来ています。多くの素材の中から、どの素材を、どのタイミングでどう組み合わせて放送するかというデータを作成するセクションです。このデータをもとに番組やCMが放送されていくので大きな責任を負っています。
また、搬入された収録番組の放送前の最終チェックも大切な業務の一つです。

送出

放送実施で作成された放送運行データに基づいて自動で番組が放送されていきます。送出は24時間体制でデータと放送を監視します。通称「テレビマスター」と呼ばれ、放送の核となるセクションです。大きな事件や事故で特番が組まれるときには、他部署と連携して冷静かつ迅速な判断のもと、放送運行データをリアルタイムで作成して運行にあたります。

回線

国内外から送られてくるすべての映像を受け入れるセクションで、「回線センター」と言います。テレビマスターが「放送の出口」をつかさどるセクションならば、回線センターは「放送の入り口」をつかさどるセクションです。テレビマスター同様に24時間体制で業務を行っています。特に生中継を行う際には回線センターが重要な砦になります。

映像資産管理(アーカイブ担当)

TBSで放送された番組などをファイル化してサーバーに取り込み、コンテンツの保存を365日24時間体制で行っています。また、貸出素材の中で必要な部分だけのダビングも行っています。

放送技術管理部へのお問い合わせ

TBS放送センター

〒107-0052 東京都港区赤坂5-3-6 TBS放送センター内

TEL : 03-3505-7263

FAX : 03-3505-7051